ひなや工房

ひと目で別格のものとわかる独特の絹糸の煌めきと“織”の魅力。

ひなや工房を主宰する伊豆蔵明彦氏は飛鳥・奈良時代にシルクロードより隋・唐を経て伝わった唐組の技法を現代に復刻した意欲的な作品を作り続けています。

古今東西が融合した独自の感性が全面に発揮され、織の魅力に引きこまれます。

色糸が複雑に組み、編み、織られた見事な風格、皺になりにくく、締めやすいひなや工房ならではの織。

繊細で美しい織によって洒落好みの作風に仕上がっております。

自由自在の曲線美、緯糸に通す盛り上がった組紐の上にも経糸が絡み合うという複雑を極めた精巧な織は見応え十分です。

組織の帯は綴れ織の帯と同等の格がある帯とされておりますので、付下げ・無地・小紋 といった柔らかなお着物に締めると映え、派手さが無いのですが上質感がある為、綴れ帯同様によくお茶席に締められる帯となります。