伊可田屋(いかだや)

染織の分野で初めて人間国宝となった三代田畑喜八(たばたきはち)氏。

その京友禅を現代に継承するのが、伊可田屋(いかだや)です。

この屋号は、三代田畑喜八氏の末弟田畑伊三郎氏を祖とする京友禅の家の号であり、この伊三郎氏が、喜八氏の下絵や草稿を着物として完成させる職人を有する家として大正・昭和に隆盛、現在に至ります。