桂由美

桂由美 (かつらゆみ)ブライダルファッションデザイナー

ブライダルファッションデザイナーとして世界を舞台に活躍する桂由美さん。
きものが本来もつ「伝統美」に時代に合わせた「現代美」を重ねたブランドです。
西洋の文化であるウエディングドレスのデザインを手がける一方で、「着物の衰退とともに伝統工芸が滅んでいくのではないか」ということを心配されているそうです。

【桂由美・プロフィール】
東京生まれ。共立女子大学被服学科卒業後、パリに留学。
1964年 日本初のブライダル総合専門店オープン
1986年 中国へ進出。北京に於いて、中国初のブライダルファッションショー開催
1988年 世界各国の民族花嫁衣装を飾る『桂由美ブライダルミュージアム』オープン
1991年 ヨーロピアンエクセレンス協会より『トライアンフ大賞』受賞
1993年 ローマ法王に、イースター祭服デザイン、製作、献上。外務大臣表彰受賞
1995年 アジア各国の婚礼衣装の伝統を継承するためのアジアブライダルサミット開催
1996年 中国婚姻家庭建設協会及び北京服装協会より『新時代婚礼服飾文化賞』受賞
1998年 大連市より『大連市栄誉奨賞』受賞
1999年 東洋人デザイナーとして初めて、イタリアファッション協会正会員となる
2001年 シャネル、アルマーニ、ミッソーニなどと共にスペイン広場のショーに出演
2003年 パリオートクチュールコレクション参加
2005年 パリ・カンボン通りのシャネル本店前にパリ店オープン