早乙女太一

早乙女太一 (さおとめたいち)舞台俳優

早乙女太一監修の作品です。
現代の女性の好みの合ったカジュアルなデザインで、スッキリとし優しい色使いと、さりげなく文様を散りばめた、和文化との融合が個性豊かな世界を繰り広げています。
【略歴】
1991年9月24日福岡県北九州市生まれ。大衆演劇「劇団 朱雀」二代目として 全国の舞台を踏む一方で、2003年に北野武監督の映画「座頭市」に出演をきっかけに 「100年に1人の天才女形」として一躍脚光を浴び人気を博す。 2008年2月16歳で新歌舞伎座史上最年少記録の初座長を務めた事を皮切りに 東京、名古屋、大阪の大劇場にて座長公演を続けるほか、以降、 テレビ、劇団外の舞台、映画出演など活躍の幅を広げる。