振袖の買取

日本女性の美しさを最大限に引き出す振袖は、それぞれの場面ごとに大事な思い出を彩ってくれる着物です。

しかし振袖は未婚女性の第一礼装であるがゆえに、着用場面が限られていくこともまた事実です。

なかには「もう結婚して振袖を着る機会がなくなってしまった。」という方もいらっしゃると思います。そんなときは着物買取を利用してみてはいかがでしょうか。

そもそも振袖とは?

留袖が既婚女性の第一礼装であることに対し、振袖は一生に一度の成人式や結婚式の場に欠かせない、未婚女性の第一礼装です。

実はこの振袖には「小振袖」「中振袖」「大振袖」の3種類があり、それぞれ着用するシーンが異なることをご存知だったでしょうか?

小振袖は別名「二尺袖」とも呼ばれており、主に学校の卒業式に、袴と合わせて着用します。

中振袖は成人式、結婚式、結納、パーティー、初釜などの晴れやかなシチュエーションで着用します。

大振袖は最も格式の高い振袖になるので、主に結婚式のお色直しで着用します。

振袖を高く買取してもらうポイント

振袖の買取相場は、10年以内に制作されたもので10,000円となっています。また下記のような特徴をもっている振袖だと、付加価値が高いものとして査定されるので相場以上の査定額になりやすいです。

  • ・証紙や残布が残っている
  • ・有名な着物ブランド・作家が制作した振袖である(千總、翠山工房、藤娘きぬたや、藤井寛、吉乃一廉、にいもと浩志)
  • ・有名な洋服ブランドが制作した振袖である(こむさでもーど、山本寛斎)
  • ・人気カラーの振袖である(白、赤、青、紫)
  • ・派手なデザインである
  • ・難しい技法が使われている(友禅染、絞り、刺繍、紅型)
  • ・柄が占める割合が多い
  • ・戦前に制作されたアンティーク系の振袖

振袖の買取実績

山徳で買取した振袖を一部ご紹介します。

城間栄順 本場琉球紅型 飛鶴に桜楓

城前栄順作の飛鶴に桜楓の古典柄を色鮮やかに染めあげた作品です。 戦後の紅型復興の礎を築いた父・栄喜氏の背中を見ながら育った栄順氏は、父の意思を継ぎ、妥協を許さない頑なな姿勢を貫いていらっしゃいます。 栄順氏は紅型師の中でもおおらかな風合いの表現力が持ち味です。栄順氏の研ぎ澄まされた感性や、心の豊かさがそのまま純粋に表現されているかのようです。

本場加賀友禅 矢田博 花束

加賀友禅作家矢田博さんは先代・矢野博さんに師事し、55年には伝統工芸士に認定されました。 自然の情景をありのままに描くその確かな写生の能力によって、こちらの振袖のように大変見事な作品を数多く残されました。

アンティーク 薔薇と牡丹

当時としてはまだ珍しかったであろう薔薇を取り入れながら、同時に東洋をイメージさせる草花も盛り込むことで、 晴れの舞台にふさわしいロマンチックなデザインが生まれています。それぞれの文様の細部にまでとことんこだわっているため、 いつまで眺めても飽きることのない素晴らしさがあります。