訪問着の買取

訪問着は未婚女性・既婚女性ともに正装として用いられる着物です。未婚女性の場合は振袖に次ぎ、既婚女性の場合は留袖に次ぐ第二礼装になります。

訪問着はいつでも着られる着物ですが、なかには「正式な場に行く機会が減り、訪問着を着ることも少なくなった。」という方もいらっしゃると思います。そんなときは着物買取を利用してみてはいかがでしょうか。

そもそも訪問着とは?

訪問着は留袖と違い、裾だけでなく胸・袖・衿にかけて文様が描かれた絵羽模様が特徴です。着物一枚をキャンバスと見立て、縫い目に関係なく、つながるように文様が描かれます。

訪問着の着用シーンは友人の結婚式、披露宴、パーティー、年賀、お見合い、結納、挨拶回り、茶事、茶会、入園式、入学式、卒業式と幅広いです。昨今ではお洒落用として、個性的な柄や派手なデザインも人気です。

訪問着を高く買取してもらうポイント

訪問着の買取相場は、10年以内に制作されたもので10,000円となっています。また下記のような特徴をもっている訪問着だと、付加価値が高いものとして査定されるので相場以上の査定額になりやすいです。

  • ・証紙や残布が残っている
  • ・有名な着物ブランド・作家が制作した振袖である(羽田登喜男、森口華弘、福田喜重、久保田一竹)
  • ・難しい技法が使われている(友禅染、絞り、刺繍、紅型)
  • ・豪華なデザインの柄である(鳥獣戯画、花柄、平安王朝柄)

訪問着の買取実績

山徳で買取した訪問着を一部ご紹介します。

天然灰汁発酵建手藍染

日本にのみ残る「灰汁醗酵建藍染」。この藍染は、藍草の葉を醗酵させ「(すくも)」という染料を造り、 それを堅木の「灰汁」で溶き醗酵、粥状に炊いた「麩(ふすま)」を与え染色します。藍に一度浸けたときの色は甕覗(かめのぞき)色。次に水浅葱(みずあさぎ)、浅葱(あさぎ)、空色、花色、納戸(なんど)色、並紺、中紺、濃紺と色が濃くなります。

辻が花 翠山工房 薄紫色地

安土桃山時代から室町時代にかけて流行し、友禅の出現とともに衰退を辿った幻の辻が花。
近年作家たちが復元を行い、悠久の時を超えて再び愛されています。人気の高い辻が花は題材として訪問着から付下げ、小紋、そして帯、小物にと幅広く描かれています。

鳥獣戯画

昨今の御朱印帳ブームもあり、お寺巡りをする方が増えています。こちらの鳥獣戯画は京都の高山寺所蔵の墨画の絵巻物のことで国宝に指定されています。甲・乙・丙・丁の全4巻からなり、日本最古の漫画といわれています。少し遊び心を添える動物モチーフのお着物は人気が高く、ニーズもあるので高額買取が可能です。