小紋の買取

着物の種類の一つである小紋は、カジュアルから少し改まった場に着ていく着物の定番として人気があります。

そんな小紋ですが、なかには「もう着なくなってタンスや押入れに何年も眠っている。」という方もいらっしゃると思います。そんなときは着物買取を利用してみてはいかがでしょうか。

そもそも小紋とは?

小紋とは、着物全体に同じ模様が均一に上下関係なく染められた着物のことで、柄の大きさや色合いによって雰囲気がガラリと変わります。

格からいえば訪問着や付下げより下になりますが、吉祥文様や上品なもの、古典柄のものは袋帯に合わせていただけます。カジュアルシーンに着用する場合は、帯合わせはお洒落袋帯や九寸帯・八寸帯・半幅帯と合わせるのが一般的です。

飛び柄の場合は、少し色無地の要素があるので上品な雰囲気となり、いつもより少しお洒落をしたい美術館や観劇にも着用できます。また着物全体に文様が染められた総柄の小紋は、豪華な印象になり華やかな印象を与えます。

小紋を高価買取してもらうポイント

小紋の買取相場は、10年以内に制作されたもので6,000円となっています。また下記のような特徴をもっている小紋だと、付加価値が高いものとして査定されるので相場以上の査定額になりやすいです。

  • ・証紙や残布が残っている
  • ・有名な着物作家が制作した小紋である(栗山吉三郎、前田仁仙)
  • ・難しい技法が使われている(金彩加工、刺繍、型染め、紅型、藍染、草木染め)
  • ・人気の柄である(動物柄、花柄、モダン柄、古典柄)

小紋の買取実績

山徳で買取した小紋を一部ご紹介します。

臈纈染

天平時代に伝わった「天平の三纈」と言われる夾纈・纐纈・﨟纈。それぞれ防染方法に由来し、臈纈染は蝋を熱で溶かしたものを生地に着けて防染する手法です。 蝋が冷めて乾くとひび割れの亀裂が生じ、染めた時にひび割れに染料が染み込む事に趣があります。

紅花染 新田秀次

一度途絶えかけた、「紅花染」を昭和38年より復興させた新田秀次氏の大変素敵な紬地の着物です。天然染料でしか抽出することのできない、貴重な色合いです。

墨流し

墨流し染の歴史はおよそ1,200年前の平安時代とされています。生まれる紋様はその時々の力加減や振動の具合で異なるため、同じ紋様ができる事はなく世界に1枚だけの柄ができあがります。墨の黒。「水に墨(くろ)を流す」と「苦労(くろう)を水に流す」をかけた意味合いがあり、縁起の良いデザインです。