留袖の買取

留袖は既婚女性の礼装として、結婚式などでよく着られる着物ですが、昨今では留袖をお持ちになる方が少なく、生産数ともに減少傾向にあります。

しかし新郎新婦の母親や仲人夫人は、和装を希望されることが多く礼装として欠かせないものなので需要があり、高く取引されています。

もしあなたの母や祖母が着なくなった留袖が家に眠ったままになっているのでしたら、着物買取を利用してみてはいかがでしょうか。

留袖には「黒留袖」と「色留袖」がある

留袖には黒留袖と色留袖があるのをご存知だったでしょうか?同じ留袖でも、黒留袖と色留袖では着用するシーンが若干異なるので気をつけないといけません。

黒留袖とは?

黒留袖は既婚女性の第一礼装です。文様は格調ある「吉祥文様」や「古典文様」が中心で、染めや手刺繍、金箔などを加えているので重量感のある仕上がりとなっています。正式には表着と白下の二枚重ねですが、近年ではほとんど比翼仕立てになっています。

着用シーンは結婚式や披露宴、式典や叙勲などです。合わせる帯は袋帯で、帯揚げや帯締めも白が基本とされていますが、金・銀・佐賀錦なども用いられます。

若い方には腰高の華やかな文様が、ご年配の方にはすっきりとした古典柄の黒留袖が人気です。

また昨今では、黒留袖をお持ちの方が少なく生産数ともに減少傾向にあるので、色留袖よりも黒留袖のほうが高く売れやすい傾向にあります。

色留袖とは?

色留袖は訪問着に近い着物で、黒地以外の「紋付き裾文様」の着物のことを指します。

最近は式場を華やかにするということで、黒留袖ではなく色留袖を着用して、結婚式や披露宴に出席する女性の方も増えてきました。五つ紋にすれば黒留袖と同格ですが、三つ紋にすることもあります。

柄によってはパーティなどカジュアルな場にも着ていけるので、「吉祥文様」ではなく現代的なデザインだと高く売れやすいです。また生地は「一越縮緬」「変り縮緬」「綸子」などが人気です。

留袖を高く買取してもらうポイント

留袖の買取相場は黒留袖と色留袖ともに、10年以内に制作された留袖で6,000円となっています。また下記のような特徴をもっている留袖だと、付加価値が高いものとして査定されるので相場以上の査定額になりやすいです。

  • ・証紙や残布が残っている
  • ・有名な着物ブランド・作家が制作した留袖である(加賀友禅、伝統工芸士、人間国宝)
  • ・難しい技法が使われている(友禅染、刺繍、金彩加工)

留袖の買取実績

山徳で買取した留袖を一部ご紹介します。

古典柄 鳳凰

温かみのあるオレンジ色を基調とした短冊には吉祥草花や宝尽くしを描き、 贅沢な刺繍糸使いの鳳凰や桐が圧倒的な存在感で見る者の視線を集めるという素晴らしい意匠構成となっております。 瑞鳥として親しまれる鳳凰をあしらった古典柄は晴れの佳き日にふさわしいものです。

総刺繍

格調高い文様が精緻な刺繍で表されており、これほどまでに端麗な留袖もなかなかございません。 宝尽くしは吉祥文様のひとつで、如意宝珠や打ち出の小槌、隠れ蓑などの宝物を集めた文様です。

色留袖

薄黄緑色地に友禅染の淡い色調の春秋草花や鳥が描かれたエレガントな構図です。文様が多く、また腰の高い位置にまで描かれていますので、比較的若い女性向けになります。フォーマルシーンはもちろん、訪問着感覚でパーティーにもお召しいただけるものです。