青柳 大喜百花

青柳 大喜百花 (あおやぎ たいきひゃっか)

青柳は昭和13年の創業以来、創設者であり黄綬褒章受章作家の青柳大喜の意思を引き継ぎながら、織りや染めの多彩な技法を用い時代にあったものづくりに取り組まれている工房です。
伝統の技術をいかしながら、決して人と同じものはつくらず、オリジナリティのあるきものをつくること。
そのために大切なのは、まず人づくりです。
百年の計を踏まえたプロのこだわり、京友禅や加賀友禅を凌ぐ工場内の一貫生産システムにて、ほんとうに「着て美しい」きものを追求します。

こちらの作品には桶づめ・桶染め・帽子絞り・手描き友禅の4つの技法が用いられております。
☆桶づめ
染める部分の布を桶の外に出し詰める。
縁に出た布に約500本の針をうち、ふたを閉め、荒縄で縛る。
長い経験の中から生まれる力の入れ具合と繊細な手さばきによって、完璧な技が可能となります。-伝統巧匠 遠田信治

☆桶染め
桶詰めされたものを、85~90度の熱湯染液に桶ごと浸け、均一に染まるよう重さ30kgの桶を絶えず動かす。
職人も経験の深さとセンスが問われるこの作業があってこそ、美しい染めが生まれます。-伝統染巧士 金沢昇

☆帽子絞り
熟練した者のみが行える帽子の糸入れ。
単にしわをつけるだけでなく、しぼりこむという指先の力が、芸術的な職人技を生みます。キャリアがあるからこそできる作業です。-伝承技能士 大熊千代子

☆手描き友禅
この色にはこの筆という、色と筆との相性の数だけ筆も数100本以上あります。
その数百本は藝術的センスと経験あるものによって使いこなされ、
職人の技と藝術家の心をきものに添えていきます。-伝承工芸士 根津浩