千ぐさ染繍(ちぐさせんしゅう)

今はなき千ぐさ染繍は東京友禅の工房で、友禅と刺繍を主体とした作品を制作していました。

見る人の心を捉えて離さない、千ぐさ染繍の職人たちの高度な技術力に圧倒されます。

金彩加工一つをとっても、趣向をこらして変化をつけることで、ぐっと奥行きが生まれています。

また糸目の技術にも高い評価を得ており、細く優雅な線に魅了されることでしょう。

そして特筆すべきは、刺繍の艶やかな美しさです。

千ぐさ染繍の作品でこのように状態が良いものもなかなかございません。

上質な綸子地に紗綾形の地紋様を隙間なく配して、のびやかな道長裂取のなかには飛鶴や松竹梅、宝尽くしを丁寧に丁寧に描いています。

幸せそうに飛翔する鶴の目や羽毛一枚一枚を真心を込めて表現しています。

道長裂取のなかには飛鶴や松竹梅、宝尽くしを丁寧に丁寧に描いています