千總

千總 (ちそう)京友禅の老舗

創業弘治元年(1555年)、450年の歴史をもつ京友禅の老舗、千總(ちそう)の作品です。
昭和33年には皇太子様御成婚のための美智子様調度品の御用命を受けるなど、現在に至るまで「千總の友禅」は多くの人々に憧れの存在となっております。
京友禅は日本の伝統美と高度な専門技術の結晶であり、千總には、その随一のものづくりがあります。
養蚕農家や織元とつくり上げるこだわりの白生地、文様が正統に意味をあらわすデザイン、はんなりとして品格ある色彩感覚、熟達した染めや繍い。
それらを統率する企画・製作力をもって最高峰のきものとしてまとめ上げられたもの、それが「千總の友禅」なのです。

こちらのお品は、艶やかなちりめん地にパステルカラーの雪輪がふんわりと重なりあい、豪奢な金駒刺繍や金彩加工の束ね熨斗を中心にして菊・橘・椿・藤などが麗らかに花開きます。
和の装いの醍醐味ともいえる、一枚の絵画のような壮麗な意匠構成。千總の技術力の高さと感性の豊かさが随所から伺えます。
お召になった時には着る方を本当に美しく引き立て、品格のある装いを提供してくれます。