御召機の証

今から1200余年前、都が平安京に移されて以来、京都で織られた「きもの」は朝廷人に愛され育まれてきました。

古くから西陣の着物地を守り続けてきた五十軒余の機屋のはたおり機を「御召機」と云います。

この「御召機の証」のもと、培ってきた技術と意匠美を活かし、洗練されたこだわりの「きもの」を提案致します。

>御召について