五嶋紐

五嶋紐 (ごとうひも)帯締め 組紐 無形文化財

組紐の世界で業界の至宝と謳われる「五嶋紐(ごとうひも)」の創始者、故五嶋敏太郎は八十有余年を組紐一筋に専念し、組紐の研究と創作で業績を上げ、昭和35年には文化庁から無形文化財の指定を受けました。
組紐という圧倒的な伝統美に時代という鮮烈な血液を注ぎ込んだ仕事ぶりは、その生涯そのものが江戸組紐の「巧」と「粋」を極めるものでありました。
五嶋紐はこの美の完成に生きた翁の精神を受け継いだ熟練の弟子たちによって生糸の吟味、染色、組技法まで作品の一つ一つに拘り大切に作成されています。
やわらかさの中にも腰があるその締めやすさには定評があり、お着物通を魅了し続ける名品です。