平田組紐

平田紐の帯締め

江戸組紐の第一人者・平田竹峰が手がける平田ひもは、組紐作りのすべての工程を日本国内で熟練した職人が行っており、その完成までには多くの人の手を通り、かなりの時間を要しています。

また素材にもこだわり、使う絹糸は国産のもののみ。 ある糸を組むのではなく、組むために染めて糸繰りをした糸を用い、一人の職人が丁寧に組み上げていきます。

職人の息遣いを感じるような表情豊かな組目。 柔らかいようでいてしっかりと良く締まる平田紐の帯締めです。