菱一

菱一 (ひしいち)東京呉服問屋

菱一は嘉永二年、近江の国(現在の滋賀県)深田与佐兵衛の江戸店として創業、昭和23年に株式会社を設立しました。
戦前は東京の花柳界で着用される衣裳を数多く手掛け、その色や柄をアレンジして一般の女性にも似合う着物を作ることを得意としました。
戦後その社風を受け継ぎ「きものを創る」をモットーに、古典模様から現代感覚にあふれたものまで多彩に制作されております。