印傳屋(いんでんや)

「印傳屋(いんでんや)」は1582年に創業した「印伝」の老舗です。

鹿革をなめして、上から漆で模様を置いた日本の誇る甲州印傳。

強く、柔らかく、軽く時がたつに従って独特の風合いが出てくる、名門 甲州印傳屋のひと品です。

印伝とは上質な鹿革をなめして漆で模様をつけた革の伝統工芸品です。

印伝は職人による手づくりで、その工程すべてに熟練の技術と研ぎ澄まされた勘を要します。

かぶれる事が無く、時が経つにしたがって色が冴えてくる色漆。

ひと肌に最も近いと言われ、使い込み程に手になじむ、軽く丈夫でやわらかな鹿革。

脈々と受け継がれてきた熟練の技と心が織りなす、独自の美しさと風合いを持つ印伝の魅力が伝わります。

印伝