北出工芸

北出工芸 (きたでこうげい)京都きもの創作処

代々、帯に着物に皇室御方々の衣装などを手がけてきた北出工芸。
その類まれな意匠力により生み出された独自の作風は、初代北出与三郎の代より『北出カラー』と呼ばれています。
本物だけを追及し編み出された色彩と技法、親子二代で築き上げたその作品には希少価値があり、芸術的価値が発揮されます。