小石嘉織物

小石嘉織物 (こいしかおりもの)遊絲舎(ゆうししゃ)藤布

小石嘉織物は藤布を現代に蘇らせ、幾多の工程を経て現代の織物と融合した作品を作っています。
縄文の古へから現代に伝わる最古の原始布「藤布」は、かつて命を守る大切な衣装でした。
江戸時代中頃には、木綿の普及に伴い衰退していき昭和に入る頃には 、日本から消滅したとものと考えられていました。
昭和37年の民俗資料調査により丹後の山深い里「世屋」で発見されました。
藤布は藤の蔓の皮を剥ぎ、さらに表皮を除いた中皮を利用します。 この中皮を灰汁で炊いて繊維を分離していくなど、十ほどの工程を経て藤布製品になります。