小松織物

小松織物 (こまつおりもの)加賀絹

加賀絹の発祥地といわれる小松産地は、4世紀の雄略天皇時代に蚕桑と製織技術を習得し、天皇家へ奉献します。
室町時代に将軍足利氏へ献上したことから加賀絹の名声が高まり、慶長年間には武士の流旗に使われていました。
しなやかな手触りの小松ちりめんは襦袢に多く用いられます。

加賀絹