好丹詩

友禅染が全盛となってから衰退していた一珍染でしたが、近年になって再現したのがこちらの京都の染芸【好丹詩】です。

一珍染は一珍糊といわれる、小麦粉やうどん粉を主原料にした澱粉に、石灰を混ぜたものを用いて染めます。一珍糊は、乾燥するとひびが入りやすいのが特徴です。糊置きして染めた後、

糊に細かいひび割れを作り、そこに染料が入りこむことで「氷割れ」とよばれる、独特の染め上がりになります。

一珍染の着物
手触り、肌なじみ抜群の上質な丹後縮緬地に広がる幻想的な世界。

一珍染めの氷割れに白抜きの縞文様が優しい印象を与え、上品な雰囲気のするひと品です。