永江本さつま(ながえほんさつま)

永江本さつま(薩摩絣)は細番手の綿糸を素材に大島紬の絣の技法を用いた綿織物で、風合いは絹のようにしっとりとして独特の艶があります。

昭和30年頃から東郷治秋、永江明夫の二人で開発し、試行錯誤の末、現在の薩摩絣を完成させました。

大島紬の気分を木綿で味わえるというほど、絹と見まちがうようなしなやかさは、綿織物の中で最高の格をもちます。

かつての薩摩絣は琉球絣のような素朴なものでしたが、戦後に大島紬や結城紬を着つくした人が、最後に求めると言われる究極の織り着物です。

着物のお洒落上級者が、次に欲しくなるのが木綿の着物と言われます。

素朴な温もりが魅力の木綿の着物は、実は若いもカジュアルに着て欲しいアイテムです。

ずっと触れていたいと思ってしまうような大変滑らかな手触りで、素朴な温かみが感じられます。

極細の糸で丁寧に織られていますので、着用されればされるほど体に馴染み、味が出るのではないでしょうか。

>本薩摩について