なかいま手織工房

首里花織

なかいま手織工房とは、仲井間香代子さんが母親と共に設立した工房で、首里織を中心とした織物を製造しています。

首里織とは沖縄県の首里地区で織られている伝統工芸品で、ロートン織、花織、花倉織などの総称が首里織です。

15世紀ごろから琉球の首都して栄えた首里では、身分の高い人々の衣装として美麗な織物が数多く織られていました。

首里花織は部分的に緯糸を浮かせて糸の密度を濃くし、立体感ある文様を起こします。手仕事のぬくもりを感じさせる着物地に、花織独特の意匠を織り上げました。 とても軽やかな地風となっておりますので、着心地が大変良く、いつまでも愛着をもってご堪能いただけます。