織田工房

織田工房 (おだこうぼう)小千谷 楮紙布織

新潟県 小千谷市の名工「織田工房」謹製 楮布。
楮紙布は、越後地方で栽培された楮の木皮を、数日間雪上に晒した後に蒸して、やわらかくした繊維を丁寧に手績みして楮糸にし、撚りをかけた和紙糸を縦糸に使用して織り上げられます。
原始布とも呼ばれ古代より新潟地方で親しまれた織物でしたが、長らくその技術が途絶えていました。
今から数十年前、その幻の技術が小千谷市の名工「織田工房」の手により試行錯誤の末復刻されて、現在に伝わります。