綾の手紬染織工房

綾の手紬染織工房のルーツは沖縄にあります。

秋山眞和の父常磐は、大正時代に染織業を興します。しかし戦争による疎開や工場の焼失を経て、戦後宮崎にて再出発をすることになりました。

息子の眞和はその後、宮崎独自の織物を目指し、恵まれた自然、そして糸偏のつく綾町へと移り住みます。

「綾の手紬」を創製したのは、1966年のことでした。

綾の手紬染織工房の着物

花織

繭からの糸紡ぎから染色、織りまですべての工程を昔ながらの手作業で行われています。

糸を浮かせて模様を綾なす花織によって規則正しく、優美な作品に仕上がっております。

袖の袂や裾元にはそっと幾何学横段縞を通して、遠目からでもその清楚な佇まいが注目されることでしょう。

機械織りでは出せない色調の美しさと絹の持つ光沢、型くずれすることのない強靱さや着心地の良さが特徴です。