齋英織物(さいえいおりもの)

山形県米沢市で米沢織の老舗と知られ、紅花・草木染めで有名な伝統工芸が齋英織物(さいえいおりもの)です

齋英織物は織り手の温もりが伝わる“きもの”、着られる方を優しく包み込む“きもの”、そんな「きものづくり」をめざしています。

山形県米沢市で生産される絹織物で、紅花らとれる染料で染めた先染めの真綿糸や座繰り糸を用いて織る先染め織物です。

紅花染めは草木染の中でも色の定着が難しく、思い通りの色合いに染めるのが非常に難しいものです。

紅花からとれる染料のうち、99%が黄色で、わずか1%が赤色です。

一反のきものを紅に染めるには90~100万輪もの華が必要とされる、赤としては非常に貴重な染料です。

紅花で染色された糸は、太陽光線によって薄く柔らかいピンク色に発色しますが、気温や湿度などの条件で色が変化します。