白木染匠(しらきせんしょう)

白木染匠(しらきせんしょう)は初代周一の代より江戸時代の小袖、御所解、茶屋辻、吉祥文様の研究追求に励んでいます。 先人達の衣裳を「心の師」として、白木染匠では「不易流行」を座右の銘とし日々製作しています。

鮮やかな緑色地に豪奢な花唐草や蝶が広がり、時を忘れてうっとりと心酔してしまいます。

先代周一が四大染匠の一つであります老舗 沢渡源兵衛商店に昭和2年丹波大江町南有路より奉行に上がり、昭和15年沢渡源兵衛商店より暖簾分け別家し個人営業。

七七禁礼や太平洋戦争により休業のやむなきに至ったが、昭和26年染匠業を再開。
父周一死去に伴い、昭和35年4月(有)白木商店設立。
昭和52年1月(株)白木染匠設立。
所属 京都工芸染匠協同組合 京都染色美術協会(青雨舎に所属)。
京友禅手描染作品競技大会に於ては通産大臣賞受賞。

昭和63年第5回 訪問着
平成元年第6回 振袖 付け下げ
平成2年第7回 振袖 付け下げ
平成3年第8回 振袖
平成4年第9回 振袖
大阪通産局長賞 第2回、第4回、第5回
近畿通産局長賞 第10回、第15回、第17回
それぞれ受賞し現在に至っています。