しょうざん

しょうざん 染織の名門 生紬

京都・鷹が峰、染織の名門【しょうざん】。
しょうざんの生紬とは、上州赤城山麓で新芽の桑の葉を食べて育った春蚕の玉繭を座繰で手引して製糸し、弾力のある素朴な玉糸を経緯すべてに使用して織り上げており、幾日もかけられる大変手間のかかったお品です。
節のある緯糸がきちんと緻密に織り込まれ、ところどころにふっくらとした風合いが浮かび上がります。
織糸へのこだわりある厳選された素材ですので、創作数も少ないお品となっております。