大羊居

大羊居 (たいようきょ)東京友禅 染繡工芸

原始人大羊を得し歓びを今に伝えんおんこころざし
「初代野口功造君を偲ぶ短歌 遺友・堀口大學より」

羊は常に新しい草を求めて前進すると言います。
古典を学んでとらわれず、新しさを求めておぼれずの心を持ってキモノの歓びを伝えていくこと。
これが大羊居の仕事だと思います。
(染織工芸 大羊居)

雄大さを感じさせる美しく開放的な景色、人と人とが紡ぎだす歓びのハーモニーを醸し出す写実的な人物画は、見る人全ての心に優しくそっと触れていき、満たしてくれることでしょう。
独創的な模様だけではなく、生地もしなやかで丈夫、肌に優しく馴染み上品な大人の着こなしを演出してくれます。