上野工房

上野工房 (うえのこうぼう)京友禅

京友禅のはんなりさと加賀友禅の素朴さを合わせた京加賀友禅の技法が用いられた上野工房。
人間国宝上野為二の系譜を脈々と受け継ぎ、現代に生きる作品は、歴史とともに、深い味わいが感じられます。

父親の人間国宝上野清江氏指導の下、上野忠夫氏は上野家の技法を後世に残すことに尽力し、現在の上野工房を確立されました。
京都と加賀のそれぞれの技法を融合させた独自の京加賀友禅という表現によってはんなりと気品ある意匠が生まれています。
こちらはトロリと高級感漂う手触りに、淡く、穏やかな色調の笠松をたっぷりと描きあしらわれています。
確かな染めの技術、そして見事な感性によって一つの芸術が生まれています。