やまだ織

やまだ織 本塩沢 塩沢老舗織元

やまだ織(やまだおり)は、新潟県南魚沼市塩沢にある織物企業で大正2年の創業、1700年の伝統がある重要無形文化財『越後上布』の技術を応用した絹織物(伝統工芸品)に染の技術を導入して、産地生産の半数以上を担い、伝統を守り続けています。
やまだ織の本塩沢は、サラリとした着心地とシワになりにくい地風に、大変な人気がございます。

『本塩沢』は昭和51年に伝統的工芸品に指定された、塩沢産地でもっとも生産の多い織物で、『塩沢御召』ともよばれ、横糸に強く撚りをかけた強撚糸(きょうねんし)を使用し、織り上げられた後、湯もみをすることにより、撚りが戻り美しいシボ山(凸凹)が生まれます。
この特殊な糸使いの風合いが、独特のシャリ感と肌触りの良い優れた織物を作り上げます。

塩沢御召