結城 龍田屋

結城紬の名門織匠

【結城 龍田屋】は1863年(文久3年)より続く老舗の結城紬の機屋さんです。

代々受継がれてきた伝統の技を守りつつ、現代の感性に合わせた、着心地よく美しい織物を作ることで、より多くの人に日本人が作り出す優しい織物「結城紬」の すばらしさに触れて欲しいと願う、独自の感性に溢れる機屋さんです。

結城紬の肌触りや着心地は、人間(ひと)の「温もり」を感じさせてくれます。 それは、真綿に触れた事のある方なら解るはずです。

自然と笑みが溢れ出てくるように、忘れかけていた優しい心を彷彿させてくれる。 自然のもたらす「素材」と、古来から受け継がれた人の「技」による贅を尽くした絹の織物です。