白綾苑大庭(はくりょうえん おおば)

白綾苑大庭 (はくりょうえん おおば)西陣織工業組合 証紙No840

白綾苑大庭は昭和26年初代大庭清三郎氏創業の「大庭機業店」に始まりをもち、常に本物を追求し続けています。
白綾苑大庭開発の「葛籠糸(つづらいと)」は、太さの異なる糸を編むような構造により、互いの糸がより一層絡み合い、耐久性にも優れ、ももけ、毛羽立ちや糸浮きが少ない糸となっております。
また、独自の撚糸法で製糸した糸で製織した帯は、軽くて締めやすい上に、丈夫で長く愛用できると着物通から絶大な信頼を得ています。
そして大胆な色彩、構図で人々を魅了するデザインは白綾苑大庭ならではのものです。
糸・織・技法・図案すべてにおいてこだわりを持つ情熱、個性が集結してこのように美しい作品に仕上がりました。

白綾苑大庭の鳳凰印(鳥マーク)は、創業当初から使用している商標登録で、鳳凰をモチーフに作成されました。
鳳凰は古代中国で尊ばれた想像上の瑞鳥で、不死の象徴とも言われる、おめでたい鳥です。
姿形は美しく華やかで五色絢爛、初代・清三郎が目指した華麗で雅な織物を鳳凰に見立て、使用するようになりました。
白綾苑大庭の製品には必ず織り込まれており、大庭の製品の代名詞です。また、それは、類似品や模倣品との差別化にも役立っています。

そんな白綾苑大庭の帯をヤマトクはこよなく愛し、袋帯や名古屋帯を含め高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。