帛撰(はくせん)

帛撰 (はくせん)京都西陣の産地問屋

西陣織の名門【帛撰】は日本の繭にこだわった織物、経錦や緯錦といった古代裂(上代裂)の復元的織物など、一点一点に心をこめて製作しています。
社名の由来は帛(絹もの)を撰(詩文を作る)という意味からで、ロマン・想い・楽しさなどを主張しているような、詩歌を歌っているような作品をつくるというこだわりがあります。

京都西陣の産地問屋
袿錦(うちきにしき)は帛撰が創作した袋帯の一つで、小袿(こうちき)という公家の女性の装束を帯に再現することはできいないかという思いのもと製作されました。
帯地は平織で、紗のように清涼感のある細かな織となっています。
有職文様や琳派を図案のモチーフにしており、こちらはだんだんと赤みがかっていくタカノツメをダイナミックに綾なしたものです。
大きな葉には黄色・花葉色・萌黄色・赤白橡(あかしろつるばみ)・丹色(にいろ)などなど。
絶妙な色彩配置によって、季節の移ろいをしたためたものとなっています。
唐織のようにふんわりと厚みのある箇所もあり、見ごたえ十分の出来栄えです。

軽く、締めやすいことに加えて、その繊細な織表現が優雅な気品を醸し出します。
本物の価値のある、素晴らしい袋帯です。