比井良木綴(ひいらぎつづれ)

比井良木綴 (ひいらぎつづれ)

奈良時代に中国より伝えられたと言われる綴織は日本の染織の歴史の中で独特の変化と成長を遂げ、その後江戸時代に入ると西陣で織られるようになり、主には祇園祭の鉾の幕や劇場の緞帳などに使われ、豪華で重厚な印象があります。
こちらは西陣力機織つづれの最高傑作と言われた名品、竹内織物の比井良木綴れです。
金銀糸を潤沢に用いて美しい雲海、そしてさりげなく波、松、楓、鳥などをあやなして気品に満ち溢れる見事な意匠です。

そんな比井良木綴の帯をヤマトクはこよなく愛し、袋帯や名古屋帯を含め高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。