誉田屋源兵衛(こんだやげんべい)

誉田屋源兵衛 (こんだやげんべい)帯の製造販売の老舗

誉田屋源兵衛は京都室町で創業280年を迎える「帯の製造販売」の老舗です。
素材選びから織り、染色まで、世界屈指の技術力を持つ誉田屋源兵衛だからこそ、伝えられる織と染がここにあります。
着物愛好家からも絶大な信頼と高い評価を得ています。
現在は十代目である山口源兵衛が、代々受け継がれてきた技術とともに、「革新」の精神をもって、着物業界に次々と作品を発表しています。

じっくりと緻密な織や意匠を眺めると、280年続く伝統と帯作りに対する真摯な姿勢と熱意が伝わってきます。
今にも動き出しそうな躍動感あふれる表情が生き生きとして美しいです。

【山口源兵衛 略歴】
帯問屋「誉田屋源兵衛」代表取締役。
1980年 山口源兵衛十代目襲名。
2002年 日経優秀賞、2003年日本文化デザイン大賞受賞。
2006年 コシノヒロコ、隅研吾とのアートコラボレーション
「襲(かさね)展」開催。

 

そんな誉田屋源兵衛の帯をヤマトクはこよなく愛し、袋帯や名古屋帯を含め高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。