協和織工場(きょうわおりこうじょう)

協和織工場 (きょうわおりこうじょう)本場筑前博多織

約760年前に、博多商人らが宋から織物の技術を習得して受け継がれたといわれる“博多織”。
工法の改良を重ねて仕上げられた、琥珀織のように熱い生地と、浮線紋や柳条などの模様の浮でた厚地が特徴的です。
協和織工場では締めて楽しくなるような個性的なデザインにも力を入れています。

本場筑前博多織
またこちらは色数をできるだけ少なくして、シンプルに、優雅に綾なした美しい縞模様。
モダンな帯姿を演出する、魔法のような一枚となることでしょう。