丸勇(まるゆう)

丸勇 (まるゆう)西陣織工業組合 証紙No1618

唐織の潤沢な絹糸使い
綴れのしっかりとした打ち込みと唐織の潤沢な絹糸使いが、他の追随を許さないほどの可憐な出来栄えに。 心躍るお色の数々が前へ奥へと広がって、絶妙な奥行きを感じさせながら華やぎに満ちた表情で煌めいています。

西陣の高度な技術と洗練された意匠構成
最高級の織物として別格に称される【綴れ織】と【唐織】。 銀通しの滑らかな綴れ地にはふくよかな唐織が色鮮やかに織りなされています。 西陣の高度な技術と洗練された意匠構成による、大変美しい仕上がりです。

豆がら茶色地に純白の菊花文様をたっぷりと綾なしたエレガントな佇まい
控えめな豆がら茶色地に純白の菊花文様をたっぷりと綾なしたエレガントな佇まい。 唐織の富貴な立体感がとても素晴らしく、見る者を圧倒する仕上がりです。 唐織は古くより武家の重要な儀式や、日本が誇る伝統文化「能」の衣装に使われており、現代の錦の最も豪華な織物といわれております。 軽くしっかりと張りのある地に、適度な柔軟性と張りのある薄い錦地が織られ、ボリュームのある浮糸との対比が華麗に演出されます。

ベージュ色地に真っ白な菊花
ベージュ色地に真っ白な菊花と彩り豊かな鎧をふっくらとした唐織で織り上げた上品な一枚です。 金糸と白糸と草木染の爽やかな色彩が相まって、楚々とした佇まいを演出します。