村田織物(むらたおりもの)

村田織物 (むらたおりもの)西陣織工業組合 証紙No73

大正11年、初代が武将上杉景勝(弾正)の屋敷があったとされる地で創業した村田織物。
職人の技と感性を活かした袋帯が好評を博してきました。
現在まで昔からの伝承の技術を磨き続けると同時に、今のニーズに合わせた、締めていても負担の少ないしなやかな帯や、取り扱いやすくしわになりにくい帯など、老舗のこだわりにユーザーの目線をプラスした商品を数多く発表しています。

西陣で代々伝承されてきた本物の技や感性を『今に伝えたい』そんな思いで、日々ものづくりに励んでいます。
現代の生活様式や環境がいかに西洋化しようとも、変わらずある日本人としての和の感覚というものは、誰もが潜在意識のなかに持っており、意識せずとも日々の生活の中で培われているものだと考えています。
その心に思いをはせ、現代の社会の中でさりげなく、でもどこか革新的に、日本の美意識を発信できれば、そう考えています。

そんな村田織物の帯をヤマトクはこよなく愛し、袋帯や名古屋帯を含め高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。