長嶋成織物(ながしませいおりもの)

長嶋成織物 (ながしませいおりもの)西陣織工業組合 証紙No114

雑誌・美しいキモノでも毎号おなじみの最高級ブランド。
「一流であること」「本物であること」を信念とする長嶋成織物の熱意を十分に感じることのできる作品でございます。
「ながしま帯」の最大の特徴である織柄の精緻さは目をみはるものがあります。
西陣長嶋成織物のなかでも「ながしま帯」は別格とされ、最高の材料と技術の結晶が〝財産”とよべる帯へと昇華する大変見事な作品です。
【略歴】
戦前より袱紗制作を生業とする
昭和23年 創業 長嶋成介により帯地製造
昭和40年 帯地に於ける900ジャガード導入の先駆をなす
昭和41年 若松華瑶 を旗頭とする願原荘の文様を手がける
昭和42年 重厚華麗な能衣、桃山調の製織に力を注ぐ
昭和50年 漆芸における蒔絵の技法より「瀞金」(どろきん)を開発
昭和51年 引箔に「瀞金箔」をもちいる
昭和59年 「瀞金箔」「瀞本金箔」が商標登録される
昭和60年 「瀞金」「泥金」が商標登録される
昭和61年 「瀞金錦」「瀞銀箔」「瀞本銀箔」が商標登録される
昭和62年 「瀞銀」「瀞銀錦」「泥銀」「天目箔」が商標登録される
昭和63年 「本金錦」が商標登録される
平成元年 織物の織幅調整方法及びその装置と扇骨状筬で特許取得
平成02年 「日本の名品」シリーズに着手
平成06年 「ながしま帯」「長嶋成織物」が商標登録される
平成07年 多丁杼力織機による縫取紋様における色糸使用量の測定方法で特許取得
平成08年 きもの事業部を発足し「瀞金友禅」「ながしま友禅」を開発
平成09年 「翔鳳錦」が商標登録される

そんな長嶋成織物の帯をヤマトクはこよなく愛し、袋帯や名古屋帯を含め高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。