大西織物(おおにしおりもの)

大西織物 (おおにしおりもの)西陣織工業組合 証紙No88

数々の名作帯を世に送り出し、西陣の伝説として神格化される【大西織物】。
生産数も流通数も限られた雲の上の織元で価格も一切妥協しないスタンスは自社製品に対する自信のあらわれです。
その中でもこちらの【ひら帯】は特選品でひら帯とはひとえ帯を意味し、手先と垂れ先12センチ部分を二重袋帯にし柄部分は1枚組織のひとえです。
柄部分が絵緯(えぬき)にて裏に通らないように織り上げていく至極複雑な織表現となっております。
軽くてしなやか、そしてハリもある独特のひら帯は、体に優しく馴染み、素晴らしい帯姿を演出してくれます。

こちらの作品は、百寿文と銘打たれているとおり隷書、篆書などで流れるように美しい寿字が広がります。
「寿」の字は楷書では「壽」と書き、その形は長毛曲身の老人が杖をついている状態を表わしています。
長寿を祝うおめでたい文字は古くから色々変化させて漆器や陶磁器、織物の文様に使われてきました。

着物通をうならせる確かな技術、そして晴れの良き日にふさわしい意匠。
唯一無二の帯姿は煌びやかで美しく観る者の心に深く刻まれることでしょう。