織匠小平(おりしょうこひら)

織匠小平 (おりしょうこひら)西陣織工業組合 証紙No9

織匠・小平は明治33年に小平早太郎が帯屋として創業しました。
昭和2年に行われた第一回西陣織競技会で丸帯が受賞、西陣織工業組合発足時に帯地部役員を務めます。
その後、小平託司が、昭和52年に有限会社織匠小平を設立、平成23年に帯屋としての創業110周年を迎えた生産数の限られた名門です。
正統な西陣織であることの証として帯一本一本に縫い込まる西陣織工業組合が発行している証紙。
各織元に番号が割り当てられていますが織匠小平は9番を誇り、証紙番号制度発足時から登録している西陣織の老舗といえます。
間近で見れば見るほどにうっとりするような繊細で美しい織文様は一見の価値ありです。

【織匠小平】
明治33年に小平早太郎(初代)により、上京区千本寺之内で創業する。
昭和2年には、丸帯が戦前の第一回西陣織競技大会で受賞する。
戦後、西陣織協同組合が設立され、安治郎(三代目)が帯地部長を務め、戦後の第一回競技大会では知事賞を受賞する。
その後、託司(四代目)が織匠小平を設立し、平成八年に真滋郎(五代目)が代表者となり、平成十三年で創業百年となり精力的に活動中である。

 

そんな織匠小平の帯をヤマトクはこよなく愛し、袋帯や名古屋帯を含め高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。