洛風林(らくふうりん)

洛風林 (らくふうりん)工芸帯地

創業者である堀江武氏は1923年、当時西陣帯地界の重鎮であった三宅清治郎の元で修行の住込奉公を始めます。
独立後は「 真実に美しいものは、常に新しい」を信条として掲げ、1954年、屋号を「洛風林」 とし、独自の作品作りをはじめました。
修行先でもある、三宅清治郎をはじめ、白州正子、河合寛治郎、棟方志功等多くの文化人との交流の中で審美眼を磨き、まだ海外旅行が珍しい時代に世界中を旅しました。
古今東西の染織品、工芸品を蒐集、研究しそこから感じたイメージを帯の制作に落とし込んでいったのです。
帯地の制作にあたっては自社で機は持たず、洛風林同人と呼ばれる西陣等の機屋に製織を依頼しています。
1980年に発行された「工芸帯地洛風林百選」には洛風林同人として下記の名前が記されています。

各界の著名人や着物通から圧倒的な支持を集める洛風林。
体に寄り添うしなやかな織からは、洛風林ならではの卓越した技術力が伺えます。
こちらの作品は白・焦げ茶・青色の段文を背景に渋みを効かせた花唐草が華麗に舞い踊り、誰もが注目を集めるお洒落な帯姿を演出してくれることでしょう。

略歴
1923年 創業者である堀江武が西陣帯地問屋「三宅清商店」 で修行を始める
1952年 屋号を「洛風林」 とし、工芸帯地の制作を始める
1963年 京都書院刊“美と工芸”別冊「 洛風林」発行
1966年 京都書院刊“美と工芸”別冊「 洛風林(第二号)」 発行
1977年 武の長男である、堀江徹雄氏が社長就任
1980年 「工芸帯地洛風林百選」発行
2011年 徹雄氏の長女である、堀江麗子氏が社長就任

そんな洛風林の帯をヤマトクはこよなく愛し、袋帯や名古屋帯を含め高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。