三幸織物

三幸織物 西陣織工業組合 証紙No1403

落ち着いた金糸が輝く枝梅
手紡ぎによるふっくらとした本真綿の紬地に、落ち着いた金糸が輝く枝梅が織りなされています。 奥ゆかしく、気品に満ち溢れる意匠美で、貴女の装いを格別なものにすることでしょう。 長くお使いいただける優れもので、母子で兼用してお使いいただく事もできるのではないでしょうか。

梅鉢や花唐草
梅鉢や花唐草、稲妻文様がすっきりとしたスタイルで表現され、洗練された大人の落ち着きを感じさせます。

日本の古典文様
正倉院は奈良時代に東大寺に献納された聖武天皇の遺愛品を保存した宝庫です。 日本の古典文様として最古に位置づけられ、蜀江華文や忍冬唐草文など格調高い文様が多数あります。 どのような社交の場でも堂々と装える華やかさ・風格を併せ持っています。