高島織物 (たかしまおりもの)

高島織物 (たかしまおりもの)西陣織工業組合 証紙No353

墨流し調の帯地に高島織物独自の紗夢織という軽やかな織
西陣の老舗【高島織物】より紗夢織 陶眩 袋帯のご紹介です。
墨流し調の帯地に高島織物独自の紗夢織という軽やかな織と色糸使いが一際美しい作品です。
二羽の兎が仲良く寄り添いながらお月見を愉しむ風流な作品なのですが、注目していただきたいポイントは他にもあります! それはススキや芝草に隠れるようにしてあしらわれたシャイな鈴虫です。
今にも鈴虫の声が聞こえてきそうです。兎たちと一緒に秋の夜長を愉しんでいますね。
穏やかな時の流れを感じさせる、エレガントな佇まいです。

茶色の緯糸の背景に金・緑色が静かに煌めいています
やや立体感をもって波打つ茶色の緯糸の背景に金・緑色が静かに煌めいています。
陶器を連想させる重厚な質感は他の帯とは異なり、ひと目で良いものと分かります。
そこへリズミカルな文様が元気いっぱいに広がり、どこかほのぼのとした優しさも感じさせますね。
どのような社交の場でも堂々と装える華やかさ・風格を併せ持っています。

青銅箔の抑えた華やかさが落ち着きを醸し出して
青銅箔の抑えた華やかさが落ち着きを醸し出してお着物を美しく演出します。
菱繋ぎの中には更紗・白ウサギ・枝葉などとても緻密に織りなされています。
風合いも硬すぎず柔らかすぎずとても締めやすい袋帯です。