吉啓織物

吉啓織物 西陣織工業組合 証紙No557

吉祥文様
西陣【吉啓織物】謹製の吉祥文様を細密に織り上げた上品で豪華絢爛な袋帯です。
金糸と淡いパステルトーンの色糸でスッキリと柄が描かれ、感性豊かに表現されています。
両端には橘と桜を流れるように配し、中央には花菱や菊の鬘帯を何層にも配しています。
絹糸に用いた新小石丸とは蚕の種類で、皇居御養蚕所で飼育されている品種である「こいしまる」を品種改良したものです。
繭が小さめなため、生糸の量も通常より少なく、またとても細いのが特徴です。
通常の絹よりも軽くて柔らかく、美しい光沢を味わうことができます。
唐織の重厚な織とともに、他の帯とは一線を画する極上の存在感をアピールすることでしょう。

吉啓織物謹製の半幅帯
こちらは西陣織 吉啓織物謹製の半幅帯です。
リバーシブルで、文様は花鳥唐草、丸に花鳥の文様となっております。