中央区から着物買取!木村雨山、龍村美術織物など

中央区からでも買取させて頂いております!

近頃はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にハマっております。
播磨の天才軍師、黒田官兵衛の生涯を描いたドラマです。
戦国時代を題材にしたものは数多くありますが、今回主演を勤める岡田准一さんが個人的には結構好きなので、いつも楽しく視させてもらっています。
内容面でいえば、家来衆とのほのぼのとした絡みや、谷原章介さん演じる竹中半兵衛との、軍師同士による絡みは見ていて飽きないですね!
岡田准一さん主演の映画は何本か視ていますが、目つきの鋭さ(笑)やアクションシーンの鬼気迫る立ち振る舞いなどが好きです。
時折見せる、はにかんだ笑顔に女性陣はころっと心奪われてしまうのでしょうね。
一年間大変でしょうけど、これからも頑張ってほしいです。

注目するご紹介のお品としましては、加賀友禅の人間国宝・故木村雨山先生による鯉が描かれたなごや帯などがあります。
状態も大変良好です。

人間国宝 木村雨山 絵皿に鯉 なごや帯

木村雨山
加賀友禅の人間国宝・故木村雨山先生の帯です。
雨山が描く加賀友禅は五彩といわれる藍、臙脂、黄土、草、古代紫を忠実に再現し、写生による図案を基本とした優雅で瑞々しい日本画のような作風が特徴です。

龍村美術織物 稜華文錦 帯

龍村美術織物
「美術織物という言葉を世に浸透させた」
この言葉ほど、龍村美術織物の歴史と品質を物語るにふさわしい賞賛はないように思います。初代龍村平藏が残した技法は現代へ余すことなく受け継がれ、様々な製品を形づくる要素として今なお息づいています。
時を経て今なお光彩を放つ龍村美術織物の「魅力」がうかがえます。

樋熊哲也 辻が花 訪問着

樋熊哲也
新潟県十日町市に生まれた樋熊哲也さんは、日本画を基調とした新しい作風、独自の世界観をもった辻が花を制作されています。

石川県指定無形文化財牛首紬 帯とセット 色無地

色無地
別名「釘抜き紬」とも称される牛首紬は、石川県白山市で織られています。
二匹の蚕が偶然作りだす玉繭を直接手で引き出して一本の糸にしていく「のべ引き」という工程によって味わいのある節、美しい艶、滑らかな手触りが生まれます。