品川区から着物買取!八重山上布、城間栄順など

品川区・その他東京都からでも買取させて頂いております!

今週は珍しい琉球織物をいくつか買取させていだだきましたので、ご紹介していきたいと思います。
『城間紅型』や『八重山上布』など珍しい逸品ものばかりですので、気になった方は、是非写真をご覧になってみて下さいね☆

八重山上布 草木染 十字絣 夏着物

八重山上布
八重山の自然の中で育った草木を糸や染料とし、織りあがった上布は南国のまぶしい太陽で日晒しをすると、さらに深みのあるこげ茶色へ発色します。
その後、色止めのため海に晒す。海水に晒すことによって絣文様が鮮やかになり、地色は白く晒されます。
八重山の自然の恩恵を受け、島のこころをひたすらに織り込んだ八重山上布
植物性の苧麻の繊維を原料にして織られており風通しもよく、夏の衣服としては最適です。
通気性にも優れ、天然の色合いと素朴な絣柄が、いまもなお多くの人々に愛用されています。

麻生地 本場琉球紅型 城間栄順 藍型 名古屋帯

城間栄順
紅型三宗家と言われる、「城間家」、「知念家」、「沢岻家」の一家、城間栄順氏が綾なす本場琉球紅型の逸品です。
一般的に藍染は合成染料の藍も多く使われますが、琉球藍型は沖縄に自生する琉球藍を使って染めます。
技法的には紅型とまったく同じなので、広い意味でいえば藍型も紅型に含まれます。
華やかな紅型に比べて、藍の濃淡と墨の隈取りで模様を表現する藍型は渋さと落ち着きのあるモダンな見栄えとなります。

読谷山花織 証紙付 知花光子 着物

読谷山花織
読谷村は沖縄本島にある織物産地で、読谷山花織は紋織の一つです。
紺や白地に白、赤、黄、緑、紫、藍などで、絣を併用し、幾何模様を浮き織にしたものです。
染料は福木(ふくぎ)、車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いています。
14~15世紀に東南アジアからの交易品とともに伝来し、琉球王府の御用布として織り継がれてきました。
約600年の歴史を誇る読谷山花織は、絶滅寸前となっていましたが、1964年に読谷村の情熱ある有志によって約90年ぶりに「幻の花織」が復活しました。