中野区から着物買取!牛首紬や久保田一竹など

中野区その他東京都からでも買取させて頂いております!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

時が経つのは早いものですね、もうすぐ三月も終わりです。
卒業式や成人式など、お祝い事がたくさんありましたね(^O^)
素敵な振袖を着ている学生さん方を多く見かけ、自分の成人式を思い出し、懐かしい気持ちになりました。
四月も入学式やパーティ、お花見など、華やかなお出かけが多いですよね。
今週も素敵なお着物・帯を今回もご紹介いたします!

今回なんと石川県指定無形文化財の牛首紬と二代目久保田一竹氏の着物・帯を買取することができました!
どのお品も高級感溢れ、大人の女性らしい装いに最適です!
入学式やパーティ、お茶会など、どのような場に出られても恥ずかしくありません。
これらの貴重な芸術品を査定させていだだきました!

二代目久保田一竹 金通し花唐草 色無地

色無地

一竹辻が花創始者、初代久保田一竹の長男、二代目久保田一竹 (本名:悟嗣)さんによる素晴らしい作品です。

辻が花こそ施されておりませんが、高度な技術と最高品質の特殊金通しを使用した、一竹工房別織の特殊三重織の生地を使用。

光沢としなやかさが出るように工夫されており、何年経っても縮まないといわれています。

二代目久保田一竹 金通し渦巻き 袋帯

袋帯

こちらのお品も、辻が花こそ施されておりませんが、高度な技術と最高品質の特殊金通しを使用した、一竹工房別織の特殊三重織の生地を使用。

生地には独特の重みがあり、星の輝きの如く絶妙に絡み合う金通しがまたとない美しさを醸し出し、ライトアップされた場所ではさらに素晴らしいものとなります。

石川県指定無形文化財【牛首紬】訪問着

訪問着

黄昏時の空を写しだしたような幻想的な染模様が入った牛首紬の訪問着です。

牛首紬は二頭の蚕が一つの繭を作った玉繭を用いています。

玉繭は2~3%の割合で自然発生するもので、ほのかな光沢が出るのが特徴です。

すらっとしたシルエットの女性らしい美しい着姿を演出します。

石川県指定無形文化財【牛首紬】 袋帯

牛首紬

牛首紬は二匹の蚕が偶然作りだす玉繭を直接手で引き出して一本の糸にしていく「のべ引き」という工程によって味わいのある節、美しい艶、滑らかな手触りが生まれます。

玉繭から引き出した太くしっかりとした糸によって堅牢度が高くなり、別名「釘抜き紬」とも称されます。

金箔が綺羅びやかに張り巡らされ、穀物がみのり豊穣の願いが込められた大変粋な柄行の帯となっております。

結城紬 奥順はたおり娘 証紙付 着物

結城紬

奥順謹製結城紬はたおり娘ブランドのお着物です。

「三代着て味が出る」といわれる紬の最高峰「結城紬」は、茨城県や栃木県が主な生産地で、軽くてふんわり暖かく身体を包み込んでくれるような布地と、独特の風合いが魅力的な絹織物です。