千八百口織

千八百口織

西陣最高の織技術といわれ縦糸を千八百本以上使い、横糸も上質な極細の正絹糸を使用し、
一般的な袋帯に比べ、柄の表現が緻密で細かな柄まで表現できます。