明石縮(あかしちぢみ)

得もいわれぬ清涼感をもち、美しく優雅で繊細な明石縮(あかしちぢみ)は、江戸時代の播州明石に始まり、大正から昭和初期にかけて一世を風靡した着物です。

この明石縮の技法の特徴は、緯糸に強い撚りを加え、湯もみをして出す独特の”しぼ”と清涼感あふれる薄地風にあります。

この薄く透けてしゃり感のある軽い地風から当時「蝉の翅(せみのはね)」と呼ばれ、多くの女性達の旺盛なおしゃれ心を満たし、夏ものといえば明石といわれる程、盛夏の一般的な外出着として定着しました。